結婚式ってしなくちゃダメなの?結婚式のメリットとデメリット


結婚式をするメリット

結婚式って準備が大変そうと最初からあまり乗り気じゃないという新郎新婦も少なくありません。結婚式をするとなると、新郎新婦二人だけの意見ではなく、両家の意見も聞かなくてはいけませんし、ゲストの人数などの調整など様々な準備が必要となるのです。結婚式準備をした経験のある新郎新婦の多くが、「とても大変だった」と実感しています。しかし、それでも結婚式をしようと思う背景には結婚式をするメリットがあるからと言えるでしょう。

まず真っ先にお伝えしたいのが、結婚式というのは新郎新婦二人だけのものではなく、今までお世話になった方や両親などに感謝の言葉を伝えることができる場であるということ。個人的に一人一人感謝の言葉を伝えるというのは簡単なことではありませんし、面と向かって伝えるのは気恥ずかしさもあるでしょう。その点、結婚式という場では一度にたくさんの人へ感謝を伝えることができるのです。自分たちの為に集まってくれたゲストの方と過ごす時間は思い出として残り続けるといったメリットもありますし、ゲストの前で誓った手前もあり、離婚率も低くなると言います。

結婚式をするデメリット

結婚式をする際の一番のデメリットは、金銭的な面と準備にかかる時間です。盛大な結婚式をする場合、お祝い金での返済だけでは足りず自分たちで用意するお金というものが必要となります。金銭的に少しでも費用を浮かそうとすればするほど、貧相な結婚式になってしまう為、自分たちが予定していた予算よりもかなりオーバーしてしまうなんてことも珍しくありません。金銭的な余裕がない新郎新婦にとっては、結婚式をすることで切羽詰まった状況に陥ってしまう可能性もあるのです。

また、結婚式の準備にはかなりの時間を要する為、生活をしながら行うことの大変さを実感することになるでしょう。お互いの意見や、両家の意見がまとまらない場合には喧嘩にまで発展しかねません。このようなデメリットを考え、結婚式をするかしないかを決めるのも必要なのです。

新郎新婦の意見が重要

結婚式をするかどうかという点に関しては、両家の意見などが反映されやすい反面、当の本人である新郎新婦がどうしたいかという点が重要なポイントになります。盛大な結婚式を望まない人もいるでしょうし、結婚式よりも新婚旅行にお金をかけたいと考える人もいます。周囲の意見というのを踏まえた上で、まずは新郎新婦で話し合い、指針を立てておくことが大切です。人生の大切な一日ですので、お互いが納得できる答えを探しましょう。

800年以上の歴史を持つ鶴岡八幡宮で結婚式を挙げたいと思っている方は必見です。境内で日没後古式豊かにかがり火を焚いて執り行う「幸明かり式」があり、幻想的な雰囲気が二人の門出を祝います。