入会金と月会費ばかりを注視していませんか?見落としてはいけない結婚相談所の成婚料


セクハラが結婚相談所を成長させた!?

1980年代以前の若い男女は結婚相手をうまく見つけることができなくても、年頃になると職場の上司がお見合いの機会を設けてくれることがありました。しかしさまざまなハラスメントが叫ばれている昨今では、上司が部下に「お付き合いしている人はいるのか?」と聞いただけで、セクハラ問題に発展する可能性があります。そのため上司は部下が結婚相手を見つけることに手こずっているのがわかっていても、お見合いの機会を設けることができないのです。このような時代背景によって、結婚相談所のビジネスは急成長しています。結婚相談所は入会金が30000円~50000円で、月会費は10000円~20000円というのが一般的な相場となっています。

多岐にわたる成婚の定義

結婚相談所にかかる費用で見落としてはいけないのが成婚料です。成婚料は100000円~200000円が相場で、基本的には高めの料金設定となっています。「成婚」というワードからは「結婚」を連想する人がほとんどだと思いますが、結婚相談所においては【成婚=結婚】という公式が必ずしも成立するわけではないのです。場合によっては「交際期間が3か月を超える」や「ひとつの部屋で同棲を始める」といった状態を「成婚」と見なされることがあります。過去には「3泊4日の旅行」を成婚と見なされて、トラブルになったことがありました。結婚相談所における成婚とは、あくまで各社が定義する規律上のゴールのことを指すのです。成婚料は高めの料金設定となっているだけに、入会の際は【成婚=結婚】と思い込まずに規律上のゴールを確認しておく必要があります。

結婚したくて悩んでいる人の強い味方になってくれる結婚相談所。実店舗のみならず、オンラインで相談できるサービスも存在します。