最も美しい形はどれ?ウェディングドレスをシルエットから選ぶ


ウェディングドレスのシルエット

ウェディングドレスには様々なシルエットが存在しています。それぞれ与える雰囲気が異なり、体型によって似合うシルエットも異なるので、自分の好みを考え、スタッフと相談しながら決めてみると納得できますよ。

Aラインのウェディングドレス

ウエストの位置が高く、腰から裾にかけて徐々に広がっていくシルエットをしているドレスがAラインのドレスです。シンプルで上品、ウエストがすっきりとして重心が下にあることから、バランスもいいですよね。どんな体型の人にも合いますが、縦のライン強調されているので、背が高く見えます。

プリンセスラインのウェディングドレス

上がボディラインに沿い、腰でラインが切り替わってスカート部分が裾に向けてボリュームアップしているシルエットが、プリンセスラインです。正統派のドレスで、かわいらしいお姫様をイメージするとわかりやすいですよ。華やかなイメージを与えることができ、比較的だれであっても着こなすことができる点がうれしいドレスですよね。

マーメイドラインのウェディングドレス

上半身はボディラインに沿い、ひざ下あたりからフレアに広がる人魚のようなシルエットを見せるのがマーメイドラインです。メリハリあるデザインで、女性らしさやセクシーさを出したいときにおすすめですよ。マーメイドラインと同様に、体のラインに沿ったドレスとしてスレンダーラインがあります。細身でボリューム感がないシンプルなドレスであることから、大人っぽさを出すことができます。体のラインが出るので、細身で身長が高い人が似合いますね。

エンパイアラインのウェディングドレス

胸下からスカートが始まるデザインがエンパイアラインです。スカート部分の揺れがロマンティックさを示し、ハイウエストで背が高く見えます。上品で気品がありますね。誰でも着用できる点もいいですよ。

奈良の結婚式場では、神社や仏閣で結婚式が挙げられるところが多くあります。歴史が深く数多くの寺社仏閣が残る街ならではの特徴です。