最高のウェディングドレスを見つけよう!衣装選びのポイント


客観的な意見をくれる人と一緒に選ぶ

ウェディングドレスはさまざまなデザインや色のものが数多く用意されています。美しいドレスを選ぶという憧れの状況に気持ちが盛り上がり、ついついドレスのみに注目し、自分の好みで選んでしまいがちです。しかし、自分で自分を見たときのイメージと、自分以外の人から自分を見たイメージは往々に異なるものです。自分ではバッチリ似合っているように見えるドレスも、ほかの人から見るとしっくりこないかもしれません。

ウェディングハイで勢いでドレスを決めてしまわないよう、客観的な意見をくれる人と一緒にドレスを選ぶのがおすすめです。最もポピュラーなのは婚約者と一緒に行くことですが、男性はドレス選びに飽きてしまい「なんでもいい」という気持ちから的確な意見をくれない場合もあります。より冷静な意見を聞きたいなら、実母と一緒に選ぶのも良いでしょう。

試着したら式を想定しいろいろな動作をする

ドレスを試着したら、式の中をイメージし、想定されるいろいろな動作をしてみましょう。歩く、階段を上り下りする、座る、腕を上げる、頭を下げる、式においてはさまざまなポーズになります。実際にその姿勢になると、立っているだけではわからない不都合な部分が見つかるかもしれません。快適にドレスを着られるよう、しっかりチェックしましょう。

さまざまなデザインのドレスを試してみる

ドレスを選ぶ際は、それぞれ理想のドレスのイメージがあるかもしれません。しかし、理想のドレスが自分に最も似合うドレスかどうかはわかりません。例えば自分には似合わない…と思っていたドレスが、実は最も自分が美しく見えるドレスだったということもあり得ます。せっかくのドレス選び、固定観念にとらわれず、ぜひいろいろなデザインや色を試してみましょう。

豊かな緑に囲まれて、美しい海も臨める神戸の街。神戸の結婚式場は、昼間の景色のみならず、夜景も美しい式場が数多くあります。